痛みが長引くしくみ

痛みが続くときは様々な原因が考えられますが,痛みに関連する神経経路が正常にはたらかなくなっている場合があります。
痛みの刺激は,神経を伝わり,脊髄から脳へと情報が受け渡され,脳で痛みを認識します(上行性疼痛伝導系)。一方で,痛みを抑えるしくみもあり,脳から痛みを抑える命令が下りてくると,脊髄で過剰な痛みの伝達をブロックします(下行性疼痛抑制系)。この痛みを抑えるシステムがきちんとはたらかなくなることが,痛みが長引く原因の一つであると考えられています。

痛みを抑えるはたらきの低下が原因による痛みが長引くしくみ

図:健康な人と慢性腰痛の人の神経経路の違い

監修:自治医科大学 整形外科 教授 竹下 克志 先生