薬物療法

イラスト:慢性腰痛に作用する薬

慢性腰痛の治療に用いられるお薬には,非ステロイド性抗炎症薬,アセトアミノフェン,抗不安薬,筋弛緩薬,抗うつ薬,オピオイドなどがあります。これらは,それぞれ作用が異なるため,痛みの原因や症状に適したものが選ばれます。
非ステロイド性抗炎症薬,アセトアミノフェンは,「痛み止め」として広く使用されているお薬です。抗不安薬,抗うつ薬は,急性腰痛には用いられず,慢性腰痛に対して使われるお薬です。薬物療法は,ほかの治療と組み合わせて行うことが望ましいといわれています。

監修:自治医科大学 整形外科 教授 竹下 克志 先生